弘前大学授業計画(29年度)
 
ホーム 
 
ヘルプ  
人文学部(3〜4年生) 
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

レコード番号 56
登録日時 2017/2/7 11:20 登録者 教務課教務企画
更新日時 2017/3/16 16:09
更新者 教務課教務企画

整理番号 056
授業科目名〔英文名〕 グローバル経営U
対象学生 3年以上
必修・選択 選択
単位 2
学期 前期
曜日
時限 3・4
担当教員(所属学部) 森 樹男
地域志向科目 *
授業としての具体的到達目標 * 具体的なケースで経営の現場の理解を進め,グローバルな経営とは何かを理解できるようになること。また,グローバル時代に相応しい考え方を身につけること。
授業の概要 * この講義では,グローバル経営Iで学んだことを発展させる形で,グローバル経営についてより深く,よりアクティブに学んでいきます。また,製造業だけでなく,サービス業のグローバル経営についても学んでいきます。
 グローバル経営の考え方は,青森県のような地方でも必要になってきています。地方の企業が海外進出を行う,あるいは地方の企業が外資に買収されることが珍しくなくなっています。講義では,グローバル経営を青森県のような地域においても,身近なものとして捉えられるように地域企業の事例も取り上げていきます。
授業の内容予定 * 基本的に,グローバル経営Iで使用したテキストの続きとなります。
第1回 イントロダクション
第2〜3回 グローバル企業の研究開発
第4〜5回 グローバル企業の人的資源管理
第6〜7回 グローバル企業の戦略的提携
第8〜9回 グローバル企業と国家
第10〜11回グローバル企業のビジネスモデル
第12〜13回サービス産業のグローバル化 
第14〜15回グローバル時代の企業経営
第16回 期末試験
準備学習(予習・復習)等の内容 *  普段より,新聞や書物を読み,知識を増やすことを心がけてください。
 また,テレビの情報番組などを活用し,グローバル企業の現状について理解するようつとめてください。
教材・教科書 安室憲一編『新グローバル経営論』(白桃書房)
参考文献 森樹男『日本企業の地域戦略と組織』(文眞堂)
藤澤武史・伊田晶弘編著『新多国籍企業経営管理論』(文眞堂)
安室憲一編著『ケースブック ビジネスモデル・シンキング』(文眞堂)
吉原英樹・白木三秀・新宅純二カ・浅川和宏編『ケースに学ぶ国際経営』(有斐閣ブックス)
成績評価方法及び採点基準 * 授業への積極的参加度10点(発言など)
中間レポート20点
学期末試験70点
上記を合算して,最終的な成績評価をおこなう予定です。
授業形式・形態及び授業方法 * 講義の内容をまとめた資料を使いながらおこなう講義です。また,必要に応じてDVD教材なども使用します。
さらに,授業では,グループワーク,ペアワークなどを行い,お互いに意見を発表するなど,双方向授業となります。
留意点・予備知識 履修モデル:経営学・会計学,国際論,経済学
オフィスアワー * 金曜日 11:00〜12:30
事前にメールで連絡があれば,その都度対応
Eメールアドレス・HPアドレス mori@hirosaki-u.ac.jp
教育者総覧 http://db.jm.hirosaki-u.ac.jp/cybouz/db.exe?page=DBRecord&did=1988&vid=718&rid=2386&text=%90%58%81%40%8E%F7%92%6A&Head=&hid=&sid=n&rev=0&ssid=
その他

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

レコード一覧へ