弘前大学授業計画(29年度)
 
ホーム 
 
ヘルプ  
人文社会科学部(1〜2年生) 
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

レコード番号 221
登録日時 2017/2/7 11:44 登録者 教務課教務企画
更新日時 2017/3/16 14:20
更新者 教務課教務企画

整理番号 221
授業科目名〔英文名〕 企業戦略コース特設講義A@「観光基礎概論」
対象学生 2年
必修・選択 選択
単位 2
学期 前期
曜日
時限 3・4
担当教員(所属学部) 森 樹男
地域志向科目 * 地域志向科目
授業としての具体的到達目標 * 1)最新観光産業の状況を分析・理解する
2)自ら発見したテーマについて仮説検証・提案するが到達目標です。
授業の概要 * この授業では、新しい時代の観光概論について学び、観光産業で活躍できる人材育成を目指します。演習を通じて社会人として必要な「課題発見力」「問題解決力」「分析力」「企画力」「おもてなし力」「コミュニケーション力」を高め、主体的に考え、行動できる人材育成を行います。
授業の内容予定 * 第1講  イントロダクション〜そもそも「観光」とは何か?〜
第2講   考える力・発想力・気づく力
第3講    旅行業とは何か?観光コンテンツの作り方
第4講    暮らしぶりに注目した「着地型観光」の現状
第5講    観光業界最新トレンドキーワードの検証
第6講  インバウンドの最新事情@
第7講  インバウンドの最新事情A
第8講   Distination Marketing/Management Organizationの検証
第9講    グリーンツーリズムの検証
第10講   人口減少問題における観光の役割@
第11講   人口減少問題における観光の役割A
第12講   新しい修学旅行の提案@
第13講   新しい修学旅行の提案A
第14講   これからの時代の観光とは?@
第15講   これからの時代の観光とは?A
準備学習(予習・復習)等の内容 * 観光産業動向について知ること(新聞を読む等など)
自分の暮らす地域(ローカル)の資源や魅力・産業について知ること
グローバル社会における地域の役割について考えること
教材・教科書 教科書なし。必要な資料は授業で都度配布。
参考文献 必要に応じて授業で紹介します。
成績評価方法及び採点基準 * 平常評価(出席及び取り組み姿勢)50%
期末評価(発表の内容・個人の記事の評価)50%
授業形式・形態及び授業方法 * 原則1コマ90分を「レクチャー」・「グループディスカッション」・「フィードバック」という3セクションに分けて授業実施します。最終成果は個人レポートとなります。
グループディスカッションでは積極的で主体的な発言と行動を求めます。
留意点・予備知識 本講義は,合同会社西谷 たびすけ代表の西谷雷佐氏(弘前大学特任准教授)が中心になって実施する講義となります。
オフィスアワー *
Eメールアドレス・HPアドレス 西谷雷佐 rsknksr@gmail.com
教育者総覧 http://db.jm.hirosaki-u.ac.jp/cybouz/db.exe?page=DBRecord&did=1988&vid=718&rid=2386&text=%90%58%81%40%8E%F7%92%6A&Head=&hid=&sid=n&rev=0&ssid=
その他

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

レコード一覧へ