弘前大学授業計画(29年度)
 
ホーム 
 
ヘルプ  
教育学部 
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

レコード番号 365
登録日時 2017/2/9 20:25 登録者 教務課教務企画
更新日時 2017/3/21 15:48
更新者 教務課教務企画

整理番号 365
授業科目名〔英文名〕 素描(1年)【学校教育】
対象学生 1
必修・選択 必修
単位 1
学期 前期
曜日
時限 7・8
担当教員(所属学部) 佐藤光輝
地域志向科目 *
授業としての具体的到達目標 * 素描の基礎的技術を習得します。
授業の概要 * 身近なモチーフを観察し描写することを通して、造形全般に必要とされる素描の基礎的技術を習得します。
授業の内容予定 * 1:ガイダンス     
2:講義(形、遠近法)、透視図の作図
3:講義(用具、材料)、球体の陰影描写
4:鉛筆・練習作品@、石膏立方体1
5:鉛筆・練習作品A、機械の描画   
6:鉛筆・練習作品A、機械の描画
7:鉛筆・練習作品B、人物クロッキー
8:鉛筆・練習作品C、手の描画
9:鉛筆・練習作品C、手の描画
10:資料鑑賞(DVD、図書)        
11:ペン・練習作品D、静物
12:鉛筆・課題作品、構成デッサン   
13:鉛筆・課題作品、構成デッサン           
14:鉛筆・課題作品、構成デッサン
15:講評会、課題作品の提出
準備学習(予習・復習)等の内容 * 特にありません
教材・教科書 用意するもの:      
クロッキー帳、鉛筆、練り消しゴム、カッター、定規、ボールペン
材料費(画用紙、その他)として100円を徴収します。
教科書は使用しません。資料は適宜配布します。
参考文献 村松昌三、『デッサン用具と描き方』(美術出版社)
教室で閲覧できます
成績評価方法及び採点基準 * ・持ち点(100点)からの減点法で採点します。
・欠席は1回につき(-5点)となります。
※遅刻は1回につき(-2.5点)      
・作品は満点を100点とします。             
例:欠席が2回、作品評価が80点の場合。
(持ち点)100点 - (欠席・2回)10点 - (作品・80点)20点 = (最終評価)70点
授業形式・形態及び授業方法 * 講義と作品制作
留意点・予備知識 制作した作品は学内掲示板等に展示し、公開する予定です。
オフィスアワー * 前後期 水曜 9、10時限
Eメールアドレス・HPアドレス ms@hirosaki-u.ac.jp
http://www.facebook.com/hirodaibi
教育者総覧 http://db.jm.hirosaki-u.ac.jp/cybouz/db.exe?page=DBRecord&did=1988&vid=718&rid=2234&head=&hid=&sid=n&rev=&ssid=&fvid=18701&text=%8D%B2%93%A1+%8C%F5%8B%50&cal=
その他

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >>  

レコード一覧へ