◇弘前大学メールマガジン「ひろだいメルマガ」では、弘前大学の最新の情報をメールとして発行します。購読を希望する方は、「購読申し込み」ボタンをクリックして、登録フォームへ記入して下さい。購読は無料です。(登録はパソコンのアドレスでお願いします。)
 ◇登録したのにメールが届かないという方は、登録したアドレスを明記の上、管理者までお問い合わせください。メールのあて先はこちらです。jm3012@cc.hirosaki-u.ac.jp

 ◇メールマガジンへの記事提供について〔学内限定〕
発行元:弘前大学総務部広報・国際課広報・国際グループ
E-mail:jm3012@cc.hirosaki-u.ac.jp
最新記事
4月30日号
2015/04/30
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◇◆◇       ひ ろ だ い メ ル マ ガ       ◇◆◇

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆4月30日号◇◆◇

----------------------------------------------------------------------
  このメールは、弘前大学ホームページからメールマガジン「ひろだい
  メルマガ」へ登録していただいた方に弘前大学の情報をお送りするた
  めに送信しています。
----------------------------------------------------------------------

◆弘前大学メールマガジン配信終了のお知らせ--------------------------◆

 平成17年4月から配信を続けてきた「ひろだいメルマガ」は、今号の配
 信をもって終了します。
 なお、これまでメールマガジンで配信してきた情報は弘前大学ホームペー
 ジや、公式Facebook、公式Twitterなどで引き続き配信していきますので
 ご活用ください。

 これまでご愛読いただき、ありがとうございました。

 【弘前大学ホームページ】
   http://www.hirosaki-u.ac.jp/

 【弘前大学公式Facebook】
   https://www.facebook.com/pages/弘前大学/454722211268761

 【弘前大学公式Twitter】
   https://twitter.com/hirosaki_univ


◆弘前大学キャンパスツアー学生スタッフ募集----------------------◆

 本学では、地域貢献の一環として、広く弘前大学を理解していただくこと
 を目的とした「弘前大学キャンパスツアー」を実施していたところですが、
 学内施設を案内してくれる新規学生スタッフを募集します!人と話す
 のが好きな方、将来教員志望の方、弘前大学が好きな方…etc. 条件は特
 にありません。これから一歩踏み出してみませんか?

 実施日時:毎月第1・3水曜日、第2・4金曜日(祝日・年末年始は除く)
      ※平成27年6月から開始します。

 応募資格:弘前大学に在籍する学部学生、大学院生

 募集人数:10名程度

 応募方法:メールに氏名、学籍番号、学部・研究科、学年、連絡先電話番
      号を明記し“jm3012@hirosaki-u.ac.jp”までお送りください。

 応募締切:平成27年5月8日(金)
      ※応募者多数の場合には、調整する場合があります。
      ※協力してくれた学生には、応分の謝礼を予定しています。
      ※水曜日のみ、金曜日のみの申込みでもOKです。

 本件問い合わせ先:総務部広報・国際課 工藤
          TEL:0172-39-3029
          E-MAIL:jm3012@hirosaki-u.ac.jp

======================================================================

目次
1.【今、この部活動・サークルがおもしろい
                   第117弾 劇団プランクスター】
2.【講演会・セミナー等のお知らせ】
3.【イベント報告】
4.【国立大学協会情報誌「国立大学」について】
5.【弘前大学公認Facebook・Twitterのお知らせ】
6.【編集後記】
7.【編集部よりお知らせ】

======================================================================

◆【今、この部活動・サークルがおもしろい
                   第117弾 劇団プランクスター】

 今回は、劇団プランクスターをご紹介します。代表の八木大地さんにお話
 を伺いました。それでは、ご覧下さい。
 ※3月中旬に取材をさせていただきました。そのため、部員数や学年など
 はその当時の情報となっております。予めご了承ください。

○劇団プランクスターはどのようなサークルですか?

 8年ほど前に結成し、「お客さんも作っている側もお互い楽しめる」とい
 うことをコンセプトに演劇を作り、お届けしています。
 1年生7人、2年生14人で活動しており、日々和気藹々と活動していま
 す。また、演劇が好きな人が集まっているので、言うべきことはしっかり
 と言い、互いに成長していけるように頑張っています。
 公演は、「新歓公演」「新人公演」「秋(冬)公演」などで、年に3、4
 回行っています。基本は自主的に行う公演ですが、ヒロロでの公演も市か
 らの支援を受けて行うこともありました。
 普段は基礎トレーニングとして、準備運動から始まり、発声、体の動かし
 方、舞台に立った時の動き方などをレクリエーション形式で練習していま
 す。このほかにも、演劇の知識の幅を広げ、理解を深める目的でお芝居の
 DVDを鑑賞することもあります。
 公演が近づいてくると週6日のペースで稽古をし、個人の技術の他、サー
 クル内での連携も深めていきます。

○学内で公演のチラシをいただくこともあるのですが…
 脚本などもすべてサークルの方がされているのですか?

 そうですね。既成の台本を使うこともたまにはありますが、基本的には部
 員が一から演劇を作っていきますね。公演が決まると、部員それぞれが作
 成した台本を集め、「台本会議」と呼ばれるオーディションでどのような
 演劇をするかを決定します。そこから役者と裏方(照明、音響、舞台制作、
 道具制作、宣伝美術、広報など)に分かれて演劇を作っていく形です。

○八木さんが台本を作ったことはありますか?

 はい、2度選出されました。自分の作った台本が舞台で形になるとやっぱ
 り嬉しいですね。お酒が美味しくなります(笑)

○八木さんがプランクスターに入ったきっかけを教えてください。

 大学に入ったら何か新しいことを始めようと思っていました。そこで、高
 校生の時から興味があった演劇に挑戦してみよう!と思ったのがきっかけ
 です。

○一番の思い出を教えてください。

 私が入部して最初の新人公演「ジャージ家族」で役者を務めたことですね。
 初挑戦で全てを作り上げることが出来たということがとても印象に残って
 います。また、同期とも仲良くなれたことも嬉しかったです。

○台本を覚えることは大変ですか?

 基本的に会話で、相手の言葉を聞いて自分の言葉を思い浮かべることも出
 来るのでセリフの量にもよりますが、私は数回読めば頭に入りますね。

○役を演じているときの気持ちはどうですか?

 役になりきるということもありますが、それまでの練習で覚えたことを実
 践する、ということが大切だと思っています。映画やドラマとは違って演
 劇は一発勝負なので、なりきっているだけではどうしても不都合なことが
 あります。私は役になりきることが5割、段取りなどの第三者視点が5割
 で演じることを意識しています。

○読者の方々へメッセージをお願いします。

 演劇は映画などと比べると敷居が高い、と敬遠しがちな人が多いですが、
 実際はそうでもなく、私はエンターテイメントの一つだと思っています。
 演劇はライブ感を楽しめることも魅力です。同じ内容でも、役者の演技や
 雰囲気は毎回異なります。誰でも楽しめるので、演劇に触れ、楽しんでほ
 しいです。是非一度、プランクスターの演劇を見に来てください。

(新入生の方へ)

 演劇に興味があり、挑戦してみたいという方は是非プランクスターに来て
 ください。役者だけでなく、演劇に関わる仕事もすることができます。み
 んなで一つのものを作り上げたときの達成感は他には代えられないと思い
 ます。
 役者志望であれば忙しくなる時期もありますが、基本的には他の団体との
 掛け持ちも可能です。サークルの見学も、事前に連絡していただければ大
 歓迎です。初心者でもやる気があれば大丈夫!気軽にお越しください。

 劇団プランクスターHP:http://prankblog.blog16.fc2.com/
 劇団プランクスターTwitter:@tubuyakiprank

 ありがとうございました!


◆講演会・セミナー等のお知らせ--------------------------------------◆

□□□ 弘前大学防災社会研究会「第28回公開研究会」のお知らせ □□□

 1.日 時: 2015年5月7日(木)
        18:00〜20:00

 2.場 所: 弘前大学 理工学部1号館3階 第6講義室

 3.対 象: なし(どなたでもご参加いただけます。)
        ※参加無料、申込不要です。

 4.講 演: 片岡俊一(弘前大学大学院理工学研究科)
       ・災害を理解する理科知識の定着度調査
       ・自治体における防災リーダー育成事業に関する調査

        司会 平井太郎(弘前大学大学院地域社会研究科)

 問い合わせ先: 
 弘前大学大学院理工学研究科 片岡俊一
 TEL:0172-39-3616
 E-mail:kataoka@hirosaki-u.ac.jp
 ホームページ:http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~kataoka/renrakukai/

----------------------------------------------------------------------

□□□ 地質の日in弘前2015のお知らせ □□□

 5月10日の「地質の日」にちなみ、地質学に関する以下の催しを行いま
 す。私たちが暮らしている大地のことを一緒に考えてみませんか。

 <午前の部>

 工 作:「恐竜を紙でつくってみよう(恐竜のペーパークラフト作成)」

 時 間:10:00〜12:30

 場 所:理工学部1号館1番講義室

 対 象:小・中学生(小学校低学年は保護者同伴)

 参加費:無料

 申込方法:氏名・連絡先を添えて、5月7日(木)までにファックスかメール
      で下記申込先へ申し込んで下さい。申込多数の場合は、先着順
      とします。

<午後の部>

 講 演:「石油・石炭とこれからの資源」
     氏家 良博(弘前大学大学院理工学研究科元教授)

 講 演:「青森県の活火山」
     佐々木 実(弘前大学大学院理工学研究科講師)

 時 間:13:30〜15:00

 場 所:理工学部1号館2番講義室

 対 象:おおむね高校生以上、事前申込不要

 参加費:無料

 問合せ・申込先: 
 弘前大学大学院理工学研究科 根本 直樹
 TEL/FAX:0172-39-3618
 E-mail:nemoto@hirosaki-u.ac.jp

----------------------------------------------------------------------

□□□ 弘前大学大学院人文社会科学研究科
入試説明会のお知らせ(平成28年度推薦特別選抜)□□□

 日 時: 2015年5月15日(金) 18:00〜19:00

 会 場: 人文学部4階 多目的ホール

 内 容: 入試の説明だけではなく、大学院の案内、個別相談等も行いま
      す。

 〜プログラム〜

 1.人文社会科学研究科について

 2.推薦特別選抜について

 3.大学院生の声

 4.院生室見学

 5.個別相談

 対象者: 人文社会科学研究科に興味のある方ならどなたでも参加可能で
      す。大学院を検討しているすべての学年の方、どうぞご参加く
      ださい。
      ※事前の申込は不要です。

 問い合わせ先: 
 弘前大学人文学部 総務グループ教務担当
 TEL:0172−39−3941
 E-mail:jm3941@hirosaki-u.ac.jp

----------------------------------------------------------------------

□□□ Satellite Meeting of ICRR2015 in Hirosaki Unversity
    Symposium on Radiation Nursing
ICRR2015弘前大学サテライトミーティング
放射線看護シンポジウムのご案内            □□□

 日本放射線看護学会は、15th International Congress of Radiation
 Research(25-29 May、2015 kyoto、Japan)の開催に合わせて弘前大学大学
 院保健学研究科が主催するサテライトミーティング「放射線看護シンポジ
 ウム」を共催しております。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 【シンポジウムの概要】

 シンポジウムのテーマは「A review of Japan's Radiation Nursing
 framework」です。放射線看護実践及び教育の現状と課題、展望等について
 ご講演を頂くと共に、福島第一原子力発電所事故から看護職が学んだこと
 や専門職として社会に発信する必要があることなどを皆様と共に考えたい
 と思います。

 1.日 時: 平成27年5月23日(土)10:00〜16:00

 2.会 場: 弘前大学大学院保健学研究科(青森県弘前市本町66-1)

 3.テーマ: A review of Japan's Radiation Nursing framework

 4.大会長: 西沢 義子(弘前大学大学院保健学研究科 教授)

 5.申込方法: 弘前大学大学院保健学研究科ホームページ上のオンライ
         ン登録で受け付けます。
         参加登録は事前(締切5月10日)あるいはシンポジウム当
         日となります。
         参加証明書を発行する関係上、できる限り事前に登録を
         して頂きますようお願い致します。有料でのランチョン
         を企画しております。ご希望の方は参加登録の際にお申
         し込み下さい。
         ※参加申込フォームのURL
         http://rem-hirosaki.jp/form_icrr2015_jp.html

 6.参加費: 無料

 問い合わせ先:
 〒036-8564 弘前市本町66-1
 弘前大学大学院保健学研究科内 担当 北島
 TEL/FAX:0172-39-5994
 E-mail:kitajima@hirosaki-u.ac.jp

----------------------------------------------------------------------

□□□ 弘前大学 金木農場・藤崎農場 「親子体験学習参加者募集」
    〜触れ合おう、人と自然と農業に!〜 □□□

 弘前大学の農場ではイネ・畜産・リンゴの研究を行っており、その研究分
 野を活用した親子体験学習を行います。
 金木農場では親子が一緒になって、たくさんの自然と触れ合いながら田植
 えから白米までのコメ作りや羊の毛刈りを学び、藤崎農場ではリンゴの摘
 果(実選り)や収穫、昆虫採集を体験します。他にも、羊の毛を使った羊毛
 作品作りやもちつきの体験もあります。
 いろんな体験学習ができるチャンスですので是非ふるってご参加下さい!

 1.募集対象: 先着25組(保護者1名につき子供2人までとします)

 2.対象年齢: 小学生に限ります。但し、保護者2名以上であれば小学
         生と共に未就学児の参加も可能です。

 3.実施場所: 弘前大学金木農場(五所川原市金木町芦野84-133) 
         弘前大学藤崎農場(藤崎町藤崎下袋7-1)

 4.実施期間: 5月23日(土)〜10月31日(土)まで延べ5日間

 5.実施時間: 9時30分〜15時30分
         (昼食休憩1時間、昼食は各自ご持参下さい)
       ※第4回目は、午前で終了になります。

 6.参加経費: 延べ5日間分全額で大人1名につき1,000円お子様は参加
         費無料となります。

 第1回目  5月23日(土) 出会いの会 羊の毛刈り 田植えに挑戦

 第2回目  6月13日(土) リンゴの摘果 昆虫採集

 第3回目  9月26日(土) 稲刈り もちつき体験

 第4回目 10月10日(土) リンゴの収穫

 第5回目 10月31日(土) お米の精米と羊毛作品作り

 7.締め切り: 平成27年5月15日(金)

 問い合わせ・申し込み:弘前大学金木農場
TEL:0173-53-2029
FAX:0173-52-5137
E-mail: jm532029@hirosaki-u.ac.jp
 (メールでのお申し込みは、氏名・年齢・連絡先を明記して下さい。)

 ●主催  弘前大学農学生命科学部附属生物共生教育研究センター
 HPアドレス http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/kyousei/event.html

----------------------------------------------------------------------

□□□ 公開特別経営セミナー「りんご産業と管理会計」 (再掲)□□□

 本セミナーは、弘前大学人文学部と管理会計学に関する助成を主な事業と
 するメルコ学術振興財団の共催により実施いたします。興味のある方は下
 記問い合わせ先までご連絡下さい。

 1.日 時 : 2015年5月3日(日)13:00-16:30

 2.場 所 : 弘前大学人文学部4階 視聴覚ルーム

 3.プログラム:

  13:00-13:10 開会挨拶 
          今井正浩氏 (弘前大学人文学部長)
          上總康行氏 (メルコ学術振興財団代表理事)

  13:10-14:00 講演1
          テーマ 「りんご農家のコスト管理」
          講演者 中田信雄氏 (ほたる農園園主)
          コメンテーター 内藤周子氏(弘前大学人文学部准教
授)

  14:00-14:50 講演2
         テーマ 「りんご移出業者の出荷戦略と在庫管理」
         講演者 北山和彦氏 (北山青果社長)
         コメンテーター 加藤惠吉氏 (弘前大学人文学部教
授)

  14:50-15:00 休憩

  15:00-15:50 講演3
         テーマ 「りんごの生産販売における農協の経営戦略」
         講演者  黒滝英樹氏 (全農あおもり米穀部長) 
         コメンテーター 星野優太氏 (椙山女学園大学教授)

  15:50-16:30 質疑応答・総合討論
         コーディネーター 黄 孝春氏(弘前大学人文学部教
授)

  17:30-19:00 交流会


 問合せ先:弘前大学人文学部 黄 孝春
      TEL/FAX  0172−39−3287
 
 後 援:弘前大学地域未来創生センター

----------------------------------------------------------------------

□□□ 弘前大学附属図書館ラウンジトーク開催のお知らせ(再掲)□□□

 弘前大学附属図書館は附属図書館利用者(一般市民も含む)を対象とした
 ラウンジトーク(毎週水曜日開催)を開催することといたしました。
 学生、教職員、一般市民の皆さんに弘前大学や青森のことをもっと知って
 もらおう、教員の研究を知ってもらおうと企画したイベントです。
 ぜひ皆様の聴講をお待ちしております。

 1.日 時: 毎週水曜日 12:10〜12:40

 2.場 所: 弘前大学附属図書館2階
        アクティブ・ラーニング・エリア

 3.講 師: 本学教職員・学生 他

 4.対 象: 本学学生・教職員、一般市民

 5.テーマ: 弘前大学を知る/青森を知る/世界を知る/研究・仕事の
        楽しさを知る
       ※この他、講師にテーマを設定していただく場合もあります。

 6.参加申込:申込不要です。
        フリースペースにより、聴講は出入り自由です。

 7.スケジュール(4〜6月)
  第2回 5月13日(水)図書館を知る 研究推進部  藤井 真嗣
  第3回 5月20日(水)副学長を知る 理事・副学長 加藤  健
  第4回 5月27日(水)研究を知る  教育学部教授 長南 幸安
  第5回 6月 3日(水)副学長を知る 理事・副学長 柏倉 幾郎
  第6回 6月10日(水)留学生を知る 大連理工大学大学院生
                            張 学昭
  第7回 6月17日(水)副学長を知る 理事・副学長 伊藤 成治
  第8回 6月24日(水)ねぷたを知る 研究推進部
                    (ねぷた実行委員会委員長)
                            三上  豊

 問い合わせ先: 弘前大学研究推進部学術情報課 三上 豊
     TEL: 0172−39−3152
    E-mail: jm3152@hirosaki-u.ac.jp


◆イベント報告------------------------------------------------------◆


3月23日

  ○弘前大学永年勤続者表彰式を挙行
  http://www.hirosaki-u.ac.jp/topics/12024/

3月24日

  ○平成26年度弘前大学及び弘前大学大学院学位記授与式を行いました
  http://www.hirosaki-u.ac.jp/topics/11489/

4月15日

  ○学長定例記者会見を行いました
  http://www.hirosaki-u.ac.jp/topics/11934/


◆国立大学協会情報誌「国立大学」について----------------------------◆

 本学が会員となっている「一般社団法人国立大学協会」では、各国立大学
の現状や優れた取り組みなどを分かりやすくまとめた国立大学協会情報誌
「国立大学」を作成しています。
 最新号「国立大学第36号」では、授業や課外活動に真剣に取り組む学生、
 グループの活動の紹介する「今、学生は!」のコーナーにおいて、本学の
 サークル「弘大囃子組」が紹介されています。ぜひご覧ください。

 最新号「国立大学第36号」
  http://www.janu.jp/report/files/janu_vol36.pdf

 下記URLより最新号を含め、今まで発行されたバックナンバーをご覧い
 ただけます。
  http://www.janu.jp/report/

 ※本学の取り組みは31号・28号・25号・23号・22号・18号等
  で紹介されています。


◆弘前大学公認Facebook・Twitterのお知らせ---------------------------◆

 弘前大学は、公認のFacebook及びTwitterのページを展開しています!
 イベント情報やキャンパス情報など耳寄りな情報をお届けします。

 ぜひご覧ください!


 ・Facebook弘前大学公認ぺージ

  https://www.facebook.com/pages/%E5%BC%98%E5%89%8D%E5%A4%A7%E5%A
  D%A6/454722211268761

 ・Twitter弘前大学公認ページ

  https://twitter.com/hirosaki_univ


◆編集後記----------------------------------------------------------◆

 今回ご紹介しました、劇団プランクスターの皆さんは4月16日から18
 日まで、サークル棟の大集会室にて新歓公演をされていました。公演を見
 に行ったり、チラシを受け取ったりした方もいるのではないでしょうか。
 次回の公演は6月中旬の新人公演とのことです。興味を持った方は是非!
 新年度が始まりまもなく1か月ですね。新入生の皆さんは大学生活には慣
 れましたか?大学生活は思っている以上にあっという間です。毎日を大切
 に頑張っていきましょう!

 今号をもちまして、ひろだいメルマガの配信が終了となります。これまで
 お読みいただきまして、誠にありがとうございました。
 引き続き、学生記者の担当する「教員紹介」と「部活・サークル紹介」の
 コーナーは弘前大学ホームページでお届けすることになりますので、これ
 からもどうぞよろしくお願いいたします。(高崎)

◆編集部よりお知らせ------------------------------------------------◆

 最後までご覧いただきありがとうございました。

 ☆ひろだいメルマガに対するご意見ご感想をお寄せください。
    →メール宛先:jm3012@hirosaki-u.ac.jp

 ☆新規登録、登録解除は、こちらから手続きをしてください。
    →http://db.jm.hirosaki-u.ac.jp/magazine/

 ☆弘前大学ホームページでも様々な情報を提供しています。
  ぜひご覧ください。
    →http://www.hirosaki-u.ac.jp


◆------------------------------------------------------------------◆

 編集・発行:弘前大学総務部広報・国際課広報・国際グループ
       〒036-8560 弘前市文京町1番地

    Copyright 2005 HIROSAKI UNIVERSITY All Rights Reserved.

◆--------------------------世界に発信し、地域と共に創造する弘前大学◆